スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Mail 0 0

2年連続

ウィンブルドン選手権 ウィリアムズ姉妹
4度目の優勝



 
 女子ダブルス決勝
 2年連続4度目の優勝を果たした
 米国のセリーナ(左)
 ビーナス・ウィリアムズ姉妹コンビ。
 セリーナはシングルスでも
 優勝、ビーナスは準優勝した
 = 4日、ロンドン (REUTERS)
 


優勝おめでとうございます(*´-`*)
おつかれさまでした。
ゆっくり休んでください♪


姉妹で…かっこいいな(^∪^*)

17:54 Mail 0 0

テニス・ドキッチ

なだめるデメンチェワ




 
 全仏オープン女子シングルス
 2回戦で第2セット途中、
 腰を痛めて棄権したドキッチ(右)
 をなだめる
 対戦相手のデメンチェワ。
 「もう立ち直れない」と泣く
 26歳を、一つ年上のデメンチェワ
 が懸命になだめた。
 (28日)
 

ドキッチさん…
棄権 残念でしたね


首と腰は体の中心なので
痛くて動けなくなってしまう所。


デメンチェワさん
優しいですね…


対戦相手でも


同じテニス選手だもんね…


早く治りますように…
18:45 Mail 0 0

シングルス復帰

テニス・シャラポワ




  
 ワルシャワ・オープンで
 シングルスに復帰したマリア・シャラポワ。
 1回戦でイタリアのタチアナ・ガルビンを
 6ー1、6ー7、6ー3で破った。
 右肩の故障により昨年8月から
 シングルスに出場していなかった
 (18日)
 

ニュースで見ました


右肩が辛そうでしたが

決める姿…カッコよかったです

早く治りますように…
11:18 Mail 0 0

真央ちゃんが出発

故意の妨害は明確に否定


 フィギュアスケート世界選手権
 (24日開幕、ロサンゼルス)で
 連覇を目指す浅田真央(愛知・中京大中京高)は
 23日、関西空港から渡米した。
 当初は成田発の予定だったが、
 貨物機炎上事故の影響で変更した。
 
 「朝、(中京大の)リンクで
 練習した後、テレビで
 事故のことは知りました」
 事故が自宅のある名古屋を出発する前で、
 現地での練習もスケジュール通りに
 行えることがわかった。
 「(動揺は)自分の気持ちの中では
 ありませんでした」という。
 
 金ヨナが日本選手に妨害されたとの
 韓国の報道については、
 「このジャンプをしないと、
 とかで頭がいっぱいになる。
 自分のことで必死」
 と練習中の配慮の難しさを説明。
 ただ、故意にほかの選手の
 邪魔をしたことはないと断言し、
 「人がジャンプしようと
 しているときはよけている。
 それはみんな、
 ちゃんと分かっている」
 と話した。
 

きのう、ニュースで聞きました。
韓国の報道陣が過剰に反応しすぎてる
ヨナさんのニュースの
コメントは、いい具合に
入りましたよね。
(妨害に負けたくない というコメント)

ヨナさんと真央ちゃん
やりづらくなると思います。
フィギュアスケート、楽しみ
応援しよう
22:46 Mail 0 0

小林

世界ノルディック・ゴールする


 
 ノルディックスキー複合団体、
 後半距離でドイツ選手(奥)と
 競り合いゴールする小林範仁。
 最年長26歳のアンカー、小林は
 「すごく余裕があったし、
 板の滑りが良かった」
 と振り返った (26日、チェコ・リベレツ)
 
すごいですね
 
16:11 Mail 0 0

無念の大会欠場

負傷の桃子
ゴルフダイジェスト・オンライン





代わってプロアマ戦に出場すること
になったぺ・ジェヒに慰められる上田桃子

 
 昨日、左手中指のつめを剥がす
 負傷を追った、上田桃子がこの日の
 プロアマ戦前に大会側に今
 大会(ヨネックスレディス)の欠場を申請。
 なんとか処置をして大会に出ようと
 昨夜は、22時過ぎまで治療を
 続けていたというが、
 無念の欠場となってしまった。
 
 関係者の話によると、左手中指の爪は
 根元から3分の1程が残っており、
 さらに3分の1程に薄皮がある状態
 残りは完全に取れてしまっているという。
 「普通にしていれば大丈夫だけど
 クラブを上げて力を入れる時や
 風が当たったりしたら痛くて
 ちゃんと握れない」
 と上田。
 「怪我してすぐなので今週は難しい
 と判断しました」
 と苦悶の表情を浮かべた。
 
 昨年の日韓戦時にも、
 右手中指の爪を傷めた上田だが、
 その時は2、3日でクラブを
 振れるようになったという。
 だが、今回は、完全に爪が
 はがれてしまっており
 さらに左手ということで、
 復帰までは多少の時間が掛かりそうだ。
 「オープンウィークの過し方を
 しっかり考えて(2週間後の)
 女子プロで戦えるように調整したい」
 と話した上田だが、
 完全復活がいつになるかは、
 いまだ不透明だ。
 
全部はこわいです
爪がない指みるのも 。。。
私も南に行ったときに
爪を切り忘れて、
伸びた爪が引っかかって
足の中指爪の半分が切れた
自業自得だね


早く治りますように …
18:10 Mail 0 0

笑顔で会見




会見後、それぞれのメダルを手にポーズ
を決める柔道メダリストの(左から)
塚田、谷本、内柴、石井、上野、中村 =
成田空港で2008年8月17日
午後8時58分 〔内藤絵美撮影〕

 
 北京五輪の柔道日本選手団が、
 17日、夜に帰国し先に帰国した
 女子48キロ級、
 銅メダルの谷亮子選手(トヨタ自動車)
 を除く、メダリスト6人が
 成田空港で会見した。
 連覇を果たした、
 男子66キロ級の内柴正人選手
 (旭化成)らが
 「けがの治療をする」 
 「まずは休みたい」
 と話す中、
 元気いっぱいだったのが
 男子100キロの超級金、
 メダルの石井慧選手(国士大)
 「今したいことは」の問いに
 「自分は常に戦うところ
 にいたいので練習したい」
 と話し
 「強い男がいる所なら
 どこにでも行きたい。
 特にロシア」と
 「世界の道場破り」
 も辞さない練習プランを
 笑顔で話した。
 
 ただ、男子のメダル数2個は
 過去最少とあって、
 斉藤仁・男子監督は
 「応援し協力してくださった
 人たちに申し訳ない。
  一からやり直す気持ちで
 これから勝負したい」
 と厳しい表情。
 監督人事など、
 今後の指導体制について
 全日本柔道連盟の
 吉村和郎強化委員長は
 「10月いっぱいまで現体制でいく」
 とした上で
 「抜本的な見直し、
 てこ入れが必要だ」
 と今月、27日、
 の強化委員会で
 11月からの新体制に関し
 議論することを明らかにした。
 
オリンピックの皆さん
お疲れさまです。
やっぱり、カッコいいですねpetit heart
限界を超えた試合を
見させて頂きました。
メダル取得
おめでとうございます
勇気付けられるよ
10:04 Mail 2 0