スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Mail 0 0

三陸沖に

浮かぶネコの楽園〜宮城・田代島のいま






田代島・仁斗田漁港
船の上でくつろぐネコ
= 宮城県石巻市
(写真 : 産経新聞)

 
 つぶらな瞳で魚を見つめ、
 獲物をくわえて
 悠々と歩み去る。
 早朝の漁港、ファインダー越しの
 姿がほほえましい。
 
 個性あふれるネコ、ネコ、ネコ…
 
 宮城県石巻市の田代島は、
 同市中心部の
 南東約15キロ、石巻湾に浮かぶ
 面積3・14平方キロの島。
 人口70人ほど。
 一方、島に暮らすネコは
 約100匹にのぼる。
 
 島の中心部に「猫神様」を奉る
 「猫神社」がある。
 由来では、漁師が石を砕いて
 錨(いかり)を作っていると、
 破片がネコにあたり
 傷を負わせてしまった。
 そこで、ネコの安全と
 大漁を祈願して
 建立されたという。

 「ネコは、昔からいじめないんだ」
 そう話すのは、江戸時代から
 続く定置網漁「大謀(だいぼう)網」で
 漁を統括する「大謀」を務める
 山道正義さん(58)
 「悪さをしないし、かわいい」
 
 大漁を約束する
 神様として大切にされ、
 離島という
 地理的条件も一役買って
 島は"ネコの楽園"となった。
 
 猫神社への細い坂道の
 途中、ネコの群がる民家があった。
 「ガンガン」
 壁をたたく音が響くと
 戸口に寄ってくる。
 住人の畠山和子さん(70)が
 顔を出すと、30匹近いネコが
 一斉に視線を向る。
 畠山さんが用意した
 残飯を目当てに
 集まってきたのだ。
 「好きとか嫌いとかじゃない。
 毎日顔を見てっから、
 姿を見なかったりすると
 『あいつ来ないな』と心配になる」
 と畠山さん。
 
 ネコ好きの観光客が島に
 来るようになったのは最近。
 きっかけは、民宿「はま屋」
 のオーナー、浜温(ゆたか)さん(50)
 が始めたブログ。
 耳の折れたネコを
 「たれ耳ジャック」と紹介。
 テレビや雑誌に取り上げられ、
 「ネコの島」は一躍有名になった。
 「ゴールデンウイークなど
 多いときは200人は来た」
 と浜さん。

 突然のブームの一方、
 島の人口は昭和30年の1097人を
 ピークに減少を続けていて、
 小、中学校も廃校になった。

 浜さんは、
 「ネコを観光資源に育てて、
 将来は『ネコビジネス』を
 確立したい。
 『田代島に来てよかった』
 って言ってもらいたい」
 と、このチャンスを島の
 活性化につなげたいという。
 
 ふと、ネコを撮影している人間を
 島民はどう思っているのだろうか、
 と思った。
 「悪いことをしないし、ネコと同じ」
 と、山道さんは
 こともなげに言った。
 (写真報道局 安元雄太)
 


猫ちゃんにとって
住む人々にとって…
ゆったりできる島で
いいですね(^-^*)
猫神社のお話もいい話ですね。
猫ちゃんと人が
支えあって暮らしてる
感じがスゴい伝わる…♪

21:32 Mail 2 0

スポンサーサイト

Mail 0 0

comment mail
* まろたん *) 2009/07/07 06:23
: おはよう(*^o^*)
久しぶりの訪問です(^^;;
ニャンコ可愛いね(^▽^)
* 玲 *) 2009/07/07 10:58
: おはよう(*´-`*)
ありがとう。
久しぶり…かな?
いつも
本当にありがとう(^-^*)
嬉しいです!
わたしもごめんね。


うん♪
ホントにニャンコ
可愛いですね。






                                                
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません


プレビューする?